小田切ヒロさんも実践|プチ断食のメリットとは?

FOOD

 

どうもこんにちは!フェイバリットイズの藤本です。
いつもブログを見ていただきありがとうございます!

今回は
小田切ヒロさんも実践|プチ断食のメリットとは?
についてまとめてお伝えしたいと思います!!

Checkちょっと太ってきた方
体を中から綺麗にしたい方
美肌になりたい方

 

 

 

参考になれば幸いです!
ちなみに美容の意識がお高い方はこちらのチャンネルもおすすめ
となっていますわよぉ^^

【HIRO BEAUTY channel】チャンネル登録こちら

 

★ヒロさんの1日の食事★

 

👇小田切ヒロさん愛食フードの記事こちら!
【ダイエットしている方必見】小田切ヒロ流のプチ断食フードたちとは?

 

 

今回はプチ断食をしたいんだけれど

メリットはあるの?

とかどのくらいすればいいの?という

効果とやる期間をまとめさせていただきました!

少しでもやる気を起こすキッカケになったら嬉しいです

 

 

 

 

 

 

実は体にいいことづくめだった!

代謝アップ&メタボ改善される

どんどん基礎代謝もあげてこう!

 

・現代人は食べ過ぎている

・胃や腸の消化器は常に働きすぎで疲れています

・プチ断食で休ませることで消化能力や吸収力アップ

 

脂っこいものや重たいものなど食べすぎるのはまずいので

プチ断食をしてインナーを休ませてあげることも大事

 

 

便通が良くなる

でないと結構つらいんですよね〜

 

・便が出にくい人は腸の中でぐるぐると動くぜん道運動がマヒしてしまっている

・改善するには腸内の消化能力を上げないといけない

・デトックス効果もあるので半日からでも効果アリ

 

実は空腹になると『モチリン』という腸のぜん動運動を働きのある

酵素がドバーッと出て活発になるんですよね!

 

 

 

 

 

 

 

肌荒れが改善される

肉類をめっちゃ多く食べすぎると肌荒れしやすい

 

みなさんがスキンケアされてるのに改善されていない原因?

・体の中に老廃物が溜まっているのに出ないと肌に現れる

・体内からでる老廃物8割はベンから出ています

 

スキンケアしっかりしてるのにどうして?と思う方

老廃物が溜まっているかもしれませんね!!わたしも若い時は

便通が今よりもなかったから余計に肌荒れしていたのかもしれません(笑)

 

 

体の免疫力がガチアップ

小腸も結構大事です

・免疫力がアップするのは白血球の一種であるリンパ球が増えるため

・リンパ球は70%は小腸に存在している

・腸内環境が悪いと小腸にも影響してきます

腸内環境を整えておくことはめっちゃ大事!

 

韓国の人で女性がみなさんお肌が綺麗なのは水キムチと呼ばれている

キムチをく食べているからこそです^^

わたしも辛いもや水キムチも好きですね!

 

 

 

 

 

 

気分も頭もスッキリする

脳の血流が高い状態でキープできて思考力も上がる

・気分があんまり良くなかったり、メンタルがしんどいなという時◉

・メンタルを落ち着かせるにはセロトニンというホルモンが必要

・断食すると消化のために血液が使われないので、仕事効率アップ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

食べないことがなぜいいのか?

昔の日本人は1日2食だった

・みんなの1日の消化吸収エネルギー=フルマラソン1回分も必要

・それを半日でも休めると必要なエネルギーを健康維持に使える

・健康な状態へと導いてくれる

 

 

 

 

プチ断食は半日か週末2日が目安

まず初心者は半日/慣れたら週末の1日

・初心者は前日の夕食後から10時間以上空ける

・どうしてもお腹空く場合=酵素ジュースや野菜ジュースで

・慣れた方=前日の『夕食から24時間あける』

 

 

 

 

 

 

プチ断食は朝食の抜き方

12時間以上が目安

・ショウガ湯を飲む(にんじん。リンゴジュースでもおk)

・昼食は蕎麦がおすすめ!

・夕食は何食べてもおK

 

週末の断食のときのフードはスープやおかゆなど

からだに優しいものが◉よく噛んで食べることも大切!

 

 

 

 

半日断食の朝食・昼食の抜き方

・朝食はにんじん、りんごジュース1杯〜2杯

・にんじん、りんごジュース2杯〜3杯

・何食べてもおk!

 

ayanee

28,602 views

神戸常盤女子高等卒業→製菓学校2ヶ月で辞める→アルバイト経験⇨医療関係の契約社員4年働く⇨もっと自由に縛られない働き方をしたくて4年目で退職し起業。 ブログ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。